True

MM31 | オープン・メディウム


MM31オープン・メディウムは、 マティス・ストラクチャーマティス・フロー と混ぜる為に開発された、乾燥時間を延長させる事が出来、なおかつ絵具の濃度を変えないメディウムです。マティス・ストラクチャーと混ぜると、そのインパストの特質はそのまま、マティス・フローと混ぜると、そのスムースさを残しつつ粘度ではなく濃度を上げます。

郊外での制作や、暑い日の制作に最適で、MM31オープン・メディウムは時間をかけて、絵具をキャンバス上で混色する事を可能にします。アーティストはこのメディウムが絵具をスムースに、又はバターの様にし、とても扱いやすくする事に感激するでしょう。さらにこのミディウムは、生き生きしたサテンの光沢を、絵具に与える事に驚かされるでしょう。

今ちょうどMM31オープン・メディウムを使ってみたのだけど、とてもいいわ!

今までにも肖像画を描くときには、柔らかい色のブレンドを、パステルや油彩を使うときのように作りたいと思っていたのだけど、絵の具が早く乾くことでイライラさせられる事ばかり。でも、このメディウムのおかげで、乾燥を遅らせ、ブレンドや、水を混ぜすぎて粘着度が落ちてしまっている恐れや、薄塗りしすぎでカバー力にかけてくるなどのいろいろな問題を解決してくれたわ。  

マティスに感謝! このメディウムのおかげで、アクリル絵の具が油彩で描いているように描けるわ 。開発してくれてありがとう! 

ジェニー・ロビンズ

  
 

混合の割合

MM31オープン・メディウムを絵具に10%程度混ぜるだけで、作業時間が長くなり、満足のいく滑らかなブレンドが可能になります。少量のメディウムを選択することで、ブレンドの時間は長くなりますが、乾燥時間は劇的には長くなりません。しかし、オープンメディウムの使用量が多いと、絵具の作業時間が劇的に長くなります。乾燥時間の最大の遅延は、絵具とメディウムが同じ割合で混合されたときに達します。この時点を超えて、MM31オープン・メディウムを追加すると、乾燥時間の増加は最小限に抑えられますが、乾燥した絵具の耐水性を低下させる可能性があります。しかし、より多くの割合(絵具よりもメディウムの方が多い)で混ぜると透明感が出て、効果的な重ね塗りが出来るようになります。

MM31オープンメディウムを使った絵具は、絵具の表面になじませる時間が長くなるだけでなく、天候やMM31オープンメディウムの使用量にもよりますが、数時間はパレット上で新鮮な状態を保つことが出来ます。簡単に使えるMM31オープンメディウムは、今まで出来なかった方法で、絵の一部を作り直すことが出来ます。

ジェルの様なMM31オープン・メディウムはパレットで流れる事が無く、ブラシで絵具と混ぜる事も、ペインティング・ナイフで事前に混ぜておく事も出来ます。 

安全データシート (SDS)

MM31 オープン・メディウムの安全データシート(SDS)をダウンロードする。 ここをクリック (201kb)

もっと詳しく知りたいですか? ご質問をお待ちしております。 eメール.

下記のサイズでご利用いただけます 

  250ml、 1リットル

メディウムページに戻る

マティス・メディウム・リスト - クイックリンク

To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.