True

サーフィス・テンション・ブレーカー | アクリリック・フローメディウム



MM3 サーフィス・テンション・ブレーカーを水に混ぜたり、絵具に混ぜて使うと、吸収性のある紙や布(下準備していないキャンバスなど)への色の浸透を非常に容易にします。ステイン・ペインティングやウォッシュのテクニックを、手作りの水彩画紙、または、吸収性の高い紙、下処理を施していないキャンバスなどに適用する際に非常に役に立つ添加剤です。

最高の結果を得るために、MM3サーフェス・テンション・ブレーカーは、事前に水で薄めてお使いください。容器などに水を入れ、5-10%のMM3サーフェステンションブレーカーを入れたものを水の代わりにお使いください。MM7ポリマーグロス・ワニス(グロスメディウム)や、MM4ジェルメディウム、MM9アクリルペインティングメディウム等の他のメディウムも、MM3サーフェイステンションブレーカーを水であらかじめ希釈して使う事が出来ます。


  

メディウムまたはアクリル絵具250ml容器に対して、水で薄めたMM3サーフィス・テンション・ブレイカーを大さじ一杯加えておく事で、目立った分散効果があります。 

下地処理をしていないキャンバス、(コットンシードオイルや種を取り除くために水洗いや漂白剤での下処理はされている)または、生のキャンバスは、水で薄めたMM3サーフィス・テンション・ブレイカー溶液で一度洗浄する事で、ステイン・ペインティング技法がさらに効果的になります。水で薄めたMM3サーフィス・テンション・ブレイカーは、さらにストレッチされたキャンバスにブラシを使って塗り込み、乾かす事で、同じ効果が発揮できます。 

エアーブラシ:マティス・ ストラクチャー や、 フロー フォーミュラを、エアーブラシを使って使用する場合は、希釈剤(MM3サーフィス・テンション・ブレイカー1に対し、9の水で薄めたもの)で、絵具を目的の粘度まで薄めます。絵具に水を加える量は、この希釈液を使う事で、水で薄める時に比べ、かなり少量の希釈剤で同程度の粘度まで薄める事が出来ます。(これは、化学作用によって薄めるためです。)そのため、水で薄められた薄く弱い色味ではなく、濃く、強い色味を保つ事が可能です。また、マティス・インクは、エアブラシの中でも最も細いブラシで描く事が出来ます。

カリグラフィ:マティス・ストラクチャーやフローフォーミュラをカリグラフィのニブで使う場合は、MM3サーフィス・テンション・ブレーカー1に対して、水を9で予め希釈したもので、絵具を希望の粘度まで薄めます。ここで作られた絵具は、マーケットで売られている多くのインクとは違い、耐光性に優れた色褪せをしないインクになります。または、水性マティスインクの色は全て耐光性が高く、24色の色を揃えております。

水彩画:  Traditional watercolour techniques can be achieved easily with Matisse colours blended with MM3 Surface Tension Breaker. This will allow artists to work with the complete range of Matisse acrylic colours as they would with watercolours. MM3 Surface Tension Breaker will also assist with the dispersion of pigment when you are employing acrylic paints for watercolour techniques. For more information on using MM3 Surface Tension Breaker for watercolour purposes, please refer to the Technical Guide in this book.


Surface Tension Breaker Safety Data Sheet (SDS)

To view or download a copy of MM3 Surface Tension Breaker , please ここをクリック (281kb)

Surface tension breaker matisse

SURFACE TENSION BREAKER

 サンプル

Surface Tension Breaker is available in

  250ml

Airbrushing and other techniques you can do with Surface Tension Breaker

マティス・ ストラクチャー や、 フロー フォーミュラを、エアーブラシを使って使用する場合は、希釈剤(MM3サーフィス・テンション・ブレイカー1に対し、9の水で薄めたもの)で、絵具を目的の粘度まで薄めます。絵具に水を加える量は、この希釈液を使う事で、水で薄める時に比べ、かなり少量の希釈剤で同程度の粘度まで薄める事が出来ます。(これは、薄めるための化学作用によるものです。)そのため、水で薄められた薄く弱い色味ではなく、濃く、強い色味を保つ事が可能です。エアーブラシ・テクニックもご覧下さい。  エアーブラシ Technique.

カリグラフィ: カリグラフィ・アーティストの方達は、マティス・フロー・フォーミュラと、MM3サーフェイ・ステンション・ブレイカーを混ぜ、(エアーブラシの要領で薄められた)カリグラフィー・ペンを通して、鮮やかで、強い色味を持ったインクを発見するでしょう。この方法で、マティスカラーの豊富な色全てに適応できるだけではなく、耐光性のあるマティスカラーは褪せる事がありません。

ウォーターカラー: マティスカラーを使って、伝統的な水彩画法を簡単に可能にします。それには、MM3サーフィス・テンション・ブレイカーを使うことで、マティスカラーを水彩絵具のように扱うことが出来るばかりではなく、さらに新しい創作の技法を可能にします。詳しくはウォーターカラー・テクニックをご覧下さい。

 

フォークアーティストや、装飾ペインターの方達は、希釈液の比率を、MM3サーフィス・テンション・ブレイカー1に対し、水を10混ぜることで、流動性をます手助けをします。フローティング・テクニックページもご覧下さい。 

 
 

メディウムページに戻る

マティス・メディウム・リスト - クイックリンク

To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.