True

カドミウム・オレンジ

  • 化学物質の概要:スルホセレン化カドミウム
  • 顔料番号: PO20
  • 耐光性評価: ASTM I
  • 顔料の不透明度: 不透明
  • 絵の具の不透明度: 不透明
  • シリーズ4
多くのアーティストにとって、カドミウム・オレンジは、美しく綺麗で純粋なオレンジ色の色合いを持つ完璧なオレンジです。この色のカバー力は素晴らしく、アクリル絵の具として使われると完全な耐光性を持っています。カドミウム・イエローは1817年に製造されましたが、カドミウム・オレンジとカドミウム・レッドは、数十年後まで開発されませんでした。そして商品化して紹介されたのは、第一次世界大戦後になります。純粋なカドミウム・レッドを得るためには、硫黄の代わりに、セレニウムを使って、カドミウム・セレン化物を作ります。実際には、カドミウムを含むレッドには、カドミウム・セレン化物とカドミウム・硫化物が混合されています。そして、カドミウム・オレンジには、硫化物の方がセレン化物より多く含まれており、この美しいオレンジの色を作り出すことが出来ます。カドミウム・オレンジのそのリッチで温かみのある色は、アーティストにとても好かれています。混色でこの綺麗で鮮明なオレンジを作ることはできません。カドミウム・イエローとカドミウム・レッドを混ぜたオレンジとカドミウム・オレンジを比べたとしても、混色オレンジのくすみは簡単に気が付く事ができます。オレンジはブルーの補色で、この2色を混ぜる事で様々な範囲の中間色を作る事ができます。特定のオレンジと、特定のブルーを選ぶ事で、広範囲の中間色が作れます。カドミウム・オレンジにウルトラマリンやコバルト・ブルーを混ぜると、暗めの混色が出来、神秘的な性質を持っていたとしても、カドミウム・オレンジは、セルリアン・ブルーと混ぜる事で、とても美しく柔らかい中間色を作ります。なぜならこの2色は、それぞれの色範囲の中では比較的に淡い色の顔料だからです。カドミウム・オレンジをそのまま、またはブルーとの混色で作られる色には、 熱を表した炎のオレンジや灰のやわらかなグレー、その下にある黒焦げになった木の色など、非常に魅惑的な色です。 

CL(注意標識)シールは、毒物判定のプログラムで、医療機関から健康のリスクと安全に使用する情報を正確に表示していると資格を受けた商品です。そしてACMIから承認されたラベル基準、ASTM D4236の慢性の危険に沿ってラベルをつけています。このシールがある商品は、使用方法を守ることで有害ではないことを表します。CLシールがある商品は、ラベルに書いてある情報を使用前に読むことがとても重要です。これらの商品は3歳以下の子供、または身体や精神に障害を持っている方、商品のラベルに書いてあることを理解できない方には渡さないでください。警告カドミウム・カラーには、カリフォルニア州で発がん性物質とされているカドミウム顔料(硫化カドミウム)が含まれています。スプレーによる塗布や口に入れたり吸い込んだりしないでください。発がん性物質は、吸い込まれた時に出ているとのデーターがあります。さらに詳しい情報はやアドバイスは、地域のポイズン・コントロール・センターにご連絡ください。オーストラリアは、131126、ニュージーランドは0800764766、アメリカは18002221222。

下記の商品とサイズでご利用いただけます。

ストラクチャー • 75ml • 250ml • 500ml • 1リットル • 4リットル 
フロー • 75ml • 500ml • 1リットル • 4リットル

To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.