True

オーストラリアン・レッド・バイオレット

      • 化学物質の概要: キナクリドン

      • 顔料番号: PV19

      • 耐光性評価: ASTM I

      • 顔料の不透明度: 透明

      • 絵の具の不透明度: 半透明

      • シリーズ6

      世界の中の砂漠や乾燥した気候の地域では、雨や植物が多くある地域に比べて自然の色がとても違います。これらの地域は、赤道からの緯度が北へ又は南にと大体同じくらいのところにあり、気温や湿度がとてもよく似ています。植物が少ないということは、土に有機物が少ないということで、土は砂状になり、赤やオレンジに近い色の土地になります。遠くに見える山や丘は、植物が繁茂した景色の青色寄り、又は緑色寄りの丘などより、バイオレット系の色味になります。 

      アメリカでは、グランド・キャニオンでよく知られたとても美しい色で、オーストラリアの中心部の砂漠地帯はレッド・センターとしても知られています。風景画家の方々からの、これらの乾燥地域に見られる色の必要性に答えるということが、色を開発することにつながりました。オーストラリアン・レッド・バイオレットは、そのうちの一つです。これはとても深い赤のバイオレット・カラーで、暑い日の地面の割れ目や、岩の裂け目の色です。さらに、夕方近くでまだ空気が暑い日には、日が落ちる頃には、このバイオレット色を景色全体に見ることができます。

      顔料は、とても深い赤色バイオレット・バージョンのキナクリドンです。この顔料は、並外れたたくさんの違う色調を持っており、ケミストが微妙な分子調節と製造方法を変化させて作った結果です。これはとても幸運なことで、すべての顔料がこのような色調の種類を持つわけではないからです。この色は、一番色あせのない色であり、耐光性はASTM 1 です。これはとても薄く塗られたものも、色あせに強いことを表します。この顔料は半透明のため、他のキナクリドン顔料に比べて色の豊かさがあります。 

      オーストラリアン・レッド・バイオレットは、通常バイロレットの色を使うテクニックに適切です。ウルトラマリン・ブルーと混ぜることで、深いバイオレット、パープルが作れ、この色はディオキサジン・パープルよりも耐光性に優れています。とても使い勝手が良く、混色バイオレットの能力に数多くの多様性を備えています。

        


      下記の商品とサイズでご利用いただけます。

      To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.