True

キナクリドン・レッド

      • 化学物質の概要: キナクリドン

      • 顔料番号: PV19

      • 耐光性評価: ASTM I

      • 顔料の不透明度: 半透明

      • 絵の具の不透明度: 透明

      • シリーズ4

      キナクリドン・レッドの素晴らしい所は、幅の広い色合いでしょう。これはこの色が化粧品やプラスチックなど産業、特に自動車産業でとても扱いやすい色だからと言えます。他のどの顔料も幅広く魅力的なピンクからブルー・レッド、マジェンタ、そしてバイオレットと多様性を持ちつつ、同時に耐光性にとても優れている顔料は無いと言っていいでしょう。何故なら、車の寿命は20年以下と言われますが、ペイントの保存性は日光やあらゆる天候の下になりますので、色のテストとしては凄まじいもので、ギャラリーの壁に掛けられたアート作品になった場合には、500年とも言われています。自動車産業で使われる顔料は、アーティストが使う顔料として完璧と言っていいでしょう。そして自動車産業が大金をかけて行うペイントの研究は、アーティストにとって素晴らしい利益になります。  

      初期の赤色顔料はほとんど長持ちしないという性質のため、アーティスト用絵の具は何千年もの間悩まされてきました。そして保存性のみならず、それらは毒性が非常に強いものでした。私たちはキナクリドンが手に入る現代に生きていることをとても幸せと思います。この顔料が無害であることのみならず、保存性の高さ(カドミウム・レッドと同等の保存力)があること、そしてブルー・レッドの色合いの領域でピロールが提供できないことをやってのけます。マティスのキナクリドン・レッドの独特な色合いは、初めに開発された異なったレッドの内の一つで、バイオレットよりのキナクリドンです。(顔料の番号がPV19であるのはマティスが間違っているからではないのです)そして、これは特に透明度が高い顔料です。もしも不透明度が必要な場合は、カドミウム・レッドを、しかしグレージングや宝石のような光が通る炎などの色には、透明度が必要になります。そんな場合は、カドミウム・レッドではなくキナクリドン・レッドのチューブを手に取ってみましょう。 


      下記の商品とサイズでご利用いただけます。

      To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.