True

グリーングレー

    • 化学物質の概要:酸化チタン、塩素化銅フタロシアニン、酸化鉄ブラックの混合

    • 顔料番号: PW6 PBk11 PG7

    • 耐光性評価: ASTM I

    • 顔料の不透明度: 不透明

    • 顔料の不透明度: 不透明

    • シリーズ2

    グリーン・グレー(アンティーク)は柔らかなグレーで、伝統的なデービスグレーに似た色です。ただ、デービスグレーが持っていたザラザラ感や弱さを取り去った色です。中間色は、自然界でとても良くある色で、アーティストは常にこれらの色を使っています。これの混色は明るめの色から作ることができますが、150年もの間とても人気のある色、グリーン・グレーやペインズ・グレーなどの色をチューブで持っていることはとても便利なのです。ヘンリー・デービーは、イギリスの南部のロマンチックな遺跡、石造りの建物の水彩やエッチングの作品を作り、アートを教えていたアーティストです。この建築物への興味が彼の顔料への興味をもたらせて、スレートを粉砕したものにイエロー・オーカーとブラックを混ぜて、グリーンがかった石の遺跡の色を作り出しました。この色自体は、風景画のアーティストの間でも人気のものと証明されておりますが、少数派は、この色のザラザラ感を好みます。近代では、ロマンチックな遺跡を書くことはあまりありませんが、グリーン寄りのーは風景画でとても役に立つ色です。 

    グリーン・グレー(アンティーク)はモダンな混合で、その昔に使われていた色の短所は持ち合わせておらず、アーティストの好む少しのグリーン寄りのグレーを持ち合わせています。これはフタロ・グリーンにホワイトとブラックを混ぜた、とても保存性に高い色です。グレーとして風景画に使うことも、または、その他の色を作るベースとしても使えます。オーストラリアン・ゴースト・ガムと混ぜて、またはアンブリーチ・チタンと混ぜてとてもソフトで優しいグレーが作れます。アッシュ・ピンクと混ぜることで温かみのあるグレーを、オーストラリアン・スカイ・ブルーと混ぜて寒色系のブルー・グレーが作れます。

      

    この色で作る混色は、柔らかく抑え気味の色になります。ディオキサジン・パープルと混ぜることで、とても柔らかいバイオレットを、ウルトラマリン・ブルーと混ぜて目にも優しく気持ちの良いグレー・ブルーを作ります。オーストラリアの低木地帯では、グレーっぽいグリーンの色をよく見ます。これらはとても柔らかな緑です。クロミウム・グリーン・オキサイドと混ぜた色でこれらの緑を描き始め、とても柔らかく温かみのあるオリーブ・グリーンをオーストラリアン・イエロー・グリーンと混ぜて作ります。ヘンリー・デービーはきっと今日の絵画の中で昔の遺跡のものが少ないことに失望するかもしれませんが、このグリーン・グレーが、初めに彼が作った日からずっと重要な色として、未だに使われていることを嬉しく思うことでしょう。

      

    下記の商品とサイズでご利用いただけます。

    To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.