True

カドミウム・イエロー・ミディアム

  • 化学物質の概要: 硫化カドミウム・亜鉛 
  • 顔料番号: PY35
  • 耐光性評価: ASTM I
  • 顔料の不透明度: 不透明
  • 絵の具の不透明度: 不透明
  • シリーズ4
前世紀の明るい黄色の問題を考えると、カドミウム・イエローの使用がいかにゆっくりと普及していったかは驚くべきことでした。カドミウムイエローが各国で発売された時期を見ると、ゆっくりと、しかし着実に世界に広まっていったことがわかります。1817年に開発されたカドミウムイエローは、1820年にフランスで初めてアーティストカラーとして使用された。ドイツでは1829年、アメリカでは1842年、イギリスでは1846年に初めて使用されました。その導入が比較的遅かったのは、クロム・イエローが持続性に劣るという評判があった一方で、絵具メーカーは、自分たちが開発したクロム・イエローが「秘密のレシピ」であり、他の色よりも優れているということをアーティストに信じさせることに躍起になっていたからです。しかし、カドミウム・イエローが高価なのに対し、クロム・イエローは安価で、非常に魅力的な黄金色をしていました。そして、クロム・イエローよりもカドミウムの方が優れていることは、まだ知られていなかったのです。大物画家がカドミウム・イエローを使用した最初の記録は、モネである。彼は、秋の色調で黄金色に輝く川沿いの柳の木に、チューブから出したままのカドミウム・イエローを使用しました。私はその絵を近くで見たことがありますが、この厚塗りのカドミウム・イエローの美しさは見事なものでした。カドミウム・イエローの優れた永続性は、モネの絵のあの黄色が何世紀にもわたって変わることなく、未来の世代にも同じように美しく輝いて見えることを意味しています。カドミウム・イエローは現在、様々な色調のものが製造されていますが、私たちがカドミウム・イエロー・ミディアムと呼んでいるものは、1820年代にパリで初めて使用されたオリジナルのイエローに近いものです。赤系の色と混ぜてオレンジ色にするのに便利です。黄金色の黄色は、熟した小麦や美しい鮮やかな色の花など、自然界によく見られます。 自然界のあらゆる場所で太陽光の効果を表現する際に、オーカー(黄土色)に混ぜて使用することで自然な描写ができます。この信頼できる絵の具のチューブを絵具箱に入れていないアーティストがほとんどいないのには、このような理由があります。CL(コーショナリーラベリング)シールは、医療専門家による毒物学的評価プログラムで、既知の健康リスクがないこと、およびこれらの材料の安全で適切な使用に関する情報が適切に表示されていることが認定された製品を示します。また、これらの製品は、ACMIによって慢性危険有害性表示基準であるASTM D4236に基づいて表示されていることが認定されています。このシールが貼られた製品は、正しく使用すれば危険はありません。CLシールが貼られた製品を開封する前に、製品ラベルを十分に読むことが重要です。また、3歳以下の子供や、身体的・精神的に障害があってパッケージの安全ラベルを読み解くことができない人には、これらの製品を絶対に与えないでください。警告:カドミウムカラーには、カリフォルニア州でがんの原因となることが知られているカドミウム顔料(硫化カドミウム)が含まれています。吹き付けたり、飲み込んだり、吸い込んだりしないでください。実験データによると、吸入による発がん性があります。健康に関する詳しい情報やアドバイスが必要な場合は、最寄りの毒物管理センターにお問い合わせください。オーストラリアでは ph: 13 11 26; ニュージーランドでは ph: 0800 764 766; 米国では ph: 1-800-222-1222

下記の商品とサイズでご利用いただけます。

ストラクチャー • 75ml • 250ml • 500ml • 1リットル • 4リットル 
フロー • 75ml • 500ml • 1リットル • 4リットル

To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.