True

チタン・ホワイト

化学物質の概要:二酸化チタン

顔料番号:PW6

耐光性評価:ASTM I

顔料の不透明度:不透明

絵の具の不透明度: 不透明

シリーズ1

チタン・ホワイトは、20世紀初頭に開発され、1920年にはアーティストのカラーとして登場しました。当初、アーティストたちはこの新色を疑っていましたが、それは当然のことでした。というのも、開発された当初は、石灰現象を引き起こすという製造工程上の問題を解決するのに、さらに10年を要したからです。しかし、問題が解決されると、この色は急速に普及していきました。

初めはそれまで使われていた鉛白が苦手とするグワッシュやパステルなどに採用されましたが、その不透明さ、強さ、純粋な白さ、そしておそらくすべての顔料の中で最も耐光性に優れているという認識の高まりから、やがて油絵具にも採用されるようになりました。多くのアーティストがその優れた特性を気に入り、1940年にはアーティスト・ホワイトの80%以上がチタン・ホワイトで作られるようになりました。

1950年代にアクリル絵の具が開発されると、この新しい絵の具の標準的な白としてチタン・ホワイトが採用されるようになり、1970年代には鉛の使用に対する健康上の懸念から、油絵具に使用される鉛が激減しました。チタンは、鉛に代わる色として多くの特性を持っていましたが、食品の着色料としても使用されるほど安全性が高いものでした。現在では、地球上で製造される顔料の70%以上がチタンとその変種であり、食品や化粧品、歯磨き粉、塗料などあらゆるものに使用されています。

マティスのチタン・ホワイトは、チタン・ホワイト顔料の最良の特徴をすべて示しています。アクリルエマルジョンの透明度は、二酸化チタンが最大の輝きと純度を発揮することを意味します。顔料濃度が高いために素晴らしい不透明感があり、望まれる純粋な白さは絶対に永続的で、すべての絵の具の中で最も環境に安全な色の一つです。芸術家の最良の友とも言えるでしょう。

まだ質問がありますか?メールでお問い合わせください。 eメール.

下記の商品とサイズでご利用いただけます。

To install this Web App in your iPhone/iPad press and then Add to Home Screen.